婦人

消し込みをする手間がかかるのを防げる|専門家に依頼

規準はエリアとスピード

婦人

いざという時のツール

災害列島である日本では、いつ大災害が起こるかわかりません。地震や津波、火山の噴火など懸念される材料は常に身近にあるのです。そしてこれは企業にとっても深刻なリスクとなります。従業員が安心して会社に勤めることができるようにしなければならないのです。会社にとっても従業員が安心して出勤できるような体制を整えておく必要があるのです。安否確認は、東日本大震災以降取り入れる会社が増加しているのです。安否確認システムは、需要が増大するとともにそのシステムが数多く出回っています。どのシステムを使用するのかは利用状況を加味して決断することが大事なポイントになります。ほとんどのシステムが携帯電話やメールなどと連携をとっていますが、肝心なポイントはエリアの限定です。全国に事業所を展開している企業にとって安否確認を全国一律で送信する必要性はありません。あくまでも災害が生じた地域に限定すべきなのです。その範囲をどうするのかなど検討しなければならないのです。災害が発生したエリアにサーバーがあれば、ダメージを受け機能しなくなることを考慮してサーバーの配置は複数にしているなども考慮する内容となっています。更に安否確認の情報集約の経路の確保です。誰にどのタイミングで情報が集約されるのかを事前に決めておかなければなりません。組織体制などが変わった際にスムーズに変更できるなども考慮のポイントになります。普段は使用することはありませんがいざという時に機能するかどうかが決め手のポイントです。

Copyright © 2017 消し込みをする手間がかかるのを防げる|専門家に依頼 All Rights Reserved.