男性

消し込みをする手間がかかるのを防げる|専門家に依頼

承認プロセスの電子化

社内の稟議をシステム化するワークフローは、グループウェアと組み合わせることで、そのメリットを生かすことができます。これは利用する側には承認プロセスが見えることになるのですが、管理する側も一元管理が可能になるということなのです。

規準はエリアとスピード

東日本大震災以降、話題になっているのが安否確認です。携帯電話やメールなどを介して安全情報を確保するための連絡手段となります。しかしどのツールを使用するのかは利用規模などを考慮して慎重に判断することが大事なポイントです。

メールよりも簡単で便利

ビジネスチャットは手軽さもあり普及してきていますが、種類も豊富なために比較するのは難しいです。まずは有料、課金、無料のどれがいいのかを考え、その中からスマホに対応したものがよいのかを検討しましょう。ビデオ通話・会議に対応しているのか、操作性に優れているのかを比較し、チームにあったサービスを見つけることが大切です。

債権管理が楽になる方法

男性

楽になるサービスとは

消し込みサービスは消込サービス会社が提供する売掛金と銀行振込の突合をシステム化して、入金消し込みを自動化するものです。このサービスが選ばれている理由はそのサービスがもたらす様々なメリットにあります。そのメリットとしてまず、処理業務を大幅に効率化することができる点です。このサービス導入により、通帳やネットバンクからダウンロードした入金明細上の入金情報を管理台帳上の売掛金と手作業で照合する手間が無くなります。特に取引量が膨大な会社の場合、売掛金の件数自体が非常に多く、その処理にかかる労力や時間も相当なものになります。そのような会社の場合は特に導入のメリットは大きいと言えます。また、消し込み処理のシステム化は処理の効率化だけでなく、処理の正確性を向上させてくれます。サービス導入は売掛金が未決済にも関わらず消し込みがされてしまい、それが長期間放置された結果、債権回収の不能に陥ってしまうといったリスクを抑えてくれます。また反対に既に回収済みの売掛金の消し込みをし忘れたために取引先に二重請求して信用を失うといった事態も防いでくれます。さらに消し込み処理は売掛金の入金タイミング上、月末や月初に集中します。しかし、サービス導入によって、経理担当者の事務負担が特定の日に大幅に増大する事態を防いでくれるのです。これにより、業務の平準化と担当者の負担軽減につながります。このような消し込みサービスを利用することで、処理のスピードアップが図られ、適切なタイミングでの債権管理や債権回収が可能になります。これは売掛金と入金額に差額が発生している場合、消し込み処理が早まることでそのような差額を早期に発見できるようになります。その結果、未入金先や入金額が不足している取引先に対して迅速な売掛金の回収がおこなえます。適切な回収は会社のキャッシュフローの安定化にもつながります。

Copyright © 2017 消し込みをする手間がかかるのを防げる|専門家に依頼 All Rights Reserved.